米赤字削減協議、合意不成立を21日「終わりにかけ」正式発表の公算

米財政赤字削減をめぐる議会 内のこう着状態を解消するため設立された超党派委員会は、具体的な 赤字削減策で何ら合意を見いだせないまま協議が決裂する恐れがある。 削減策の合意が成立しなければ、総額1兆2000億ドル(約92兆円) の支出が自動的に削減される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。