ドイツ連銀:首相は債務削減で妥協してはならない-市場の信認維持で

ドイツ連邦銀行(中央銀行) は同国が金融市場の信認維持を考えるのであれば、メルケル首相は財 政規律を緩めてはならないと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。