ECBシュタルク氏:ユーロ圏経済、第4四半期に「著しい悪影響」

シュタルク欧州中央銀行(ECB) 理事は21日ダブリンで、第3四半期のユーロ圏経済が「予想外に上振れ した」と述べながらも、第4四半期は「著しい悪影響」が出ると予想し た。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE