ECBシュタルク氏:ユーロ圏経済、第4四半期に「著しい悪影響」

シュタルク欧州中央銀行(ECB) 理事は21日ダブリンで、第3四半期のユーロ圏経済が「予想外に上振れ した」と述べながらも、第4四半期は「著しい悪影響」が出ると予想し た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。