独連銀:12年成長予想を下方修正、最低0.5%の低成長に-債務危機で

ドイツ連邦銀行(中央銀行) は、2012年の同国の成長率予想を下方修正した。ユーロ圏の財政 危機悪化が輸出見通しを曇らせていることが理由。

連銀は21日公表した月報で、12年の国内総生産(GDP) は前年比0.5-1%増と予想した。6月時点では1.8%成長を見 込んでいた。連銀は債務危機が悪化する場合は景気の弱い時期が 「顕在化」する可能性を排除できないとの見解を示した。

連銀は月報で「外需の大幅な減速と金融市場の緊張はドイツ経 済が今後数カ月に、より厳しい環境に直面することを意味する」と した上で、見通しには「深刻な」リスクがあると分析した。

ドイツ経済の7-9月(第3四半期)は0.5%成長、4-6 月(第2四半期)は0.3%成長だった。連銀は11年についての6 月時点の予想(3.1%成長)には言及しなかった。ドイツの最大の 輸出市場であるユーロ圏では各国政府が財政引き締めを余儀なく されている。独連銀のバイトマン総裁は18日、危機は今や世界経 済へのリスクとなっていると述べていた。

連銀は輸出低迷の影響の一部は内需拡大が補う可能性がある とし、「現在の良好な雇用環境」が家計の所得増期待を促している と説明した。

10月のドイツの失業者数は約2年ぶりに増加したものの、失 業率は20年ぶり低水準付近にとどまっている。

連銀はまた、「ユーロ圏の高債務国政府が公的財政を立て直し、 失われた競争力を回復することが最重要だ」と論じた。

-Editors: Simone Meier , Fergal O’Brien

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara, Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Gabi Thesing in London at +44-20-7673-2153 or gthesing@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE