独連銀:12年成長予想を下方修正、最低0.5%の低成長に-債務危機で

ドイツ連邦銀行(中央銀行) は、2012年の同国の成長率予想を下方修正した。ユーロ圏の財政 危機悪化が輸出見通しを曇らせていることが理由。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。