欧米当局は量的緩和拡大すべきだ-ポーゼン英中銀委員がNYT寄稿

イングランド銀行(英中央銀 行)金融政策委員会メンバー、アダム・ポーゼン委員は、欧州中央銀 行(ECB)と米連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和を拡大す べきだとの見解を米紙ニューヨークタイムズ(NYT)への寄稿で明 らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。