中国株(終了):上海総合指数、下落-住宅関連需要の鈍化を懸念

中国株式市場では、上海総合指数 が下落。不動産市場の成長鈍化に伴い、セメントから家電製品まで住 宅関連の需要が落ち込むとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。