五十嵐財務副大臣:消費税引き上げは13年10月から-将来17%へ

五十嵐文彦財務副大臣は21日午 後、都内で講演し、消費税率(現行5%)の引き上げについて、「10% は必要だ」と強調した上で、「2013年10月以降に7-8%、15年4 月から10月に残り2-3%を引き上げる」とした2段階の引き上げの 案を示した。

政府・与党が今年6月に取りまとめた社会保障・税一体改革では 「2010年代半ばまでに消費税率を10%まで引き上げる」との方針を盛 り込んだ。五十嵐氏は消費税率を上げる前に衆院総選挙で国民の信任 を得る必要があるとし、初回の引き上げは13年9月までの任期満了後 になるとの考えだ。

また、初回の引き上げ率については「7%という数字は計算しに くい」と述べ、3%引き上げが妥当との見方を明らかにした。

また、消費税率の在り方について、向こう20-25年は「10%で何 とかなる」としながらも、将来的には「17%ぐらいの消費税にならな ければ社会保障制度をうまく運営していけない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE