「トワイライト」が約107億円で初登場首位-週末の北米映画興行収入

【記者:Michael White、Dawn Kopecki】

11月20日(ブルームバーグ):週末の北米映画興行収入ランキン グは、吸血鬼シリーズの第4作「トワイライト・サーガ/ブレイキン グ・ドーン Part1」(サミット・エンターテインメント制作)が1億 3950万ドル(約107億円)で、初登場首位となった。

調査会社ハリウッド・ドット・コム・ボックスオフィスが20日に 電子メールで配布した資料によると、2位は同じく初登場のアニメの コメディ作品「ハッピーフィート2踊るペンギンレスキュー隊」(ワー ナー・ブラザーズ)で2200万ドルだった。

ステファニー・メイヤー原作のブレイキング・ドーン Part1は封 切直後の週末興行収入としては歴代5位。「トワイライト」シリーズで は、「ニュームーン/トワイライト・サーガ」(1億4280万ドル)のみ 下回った。ボックス・オフィス・モジョによると、今回の作品は週末 の興行収入が1億4800万ドルと予想されていた。

ブルームバーグ・インダストリーズのメディア担当アナリスト、 ポール・スウィーニー氏は「非常に力強いスタートだ。総じて多くの 週で好調に推移すると思う」と語った。

「トワイライト」シリーズは1年後に公開する「ブレイキング・ ドーン Part2」で完結する予定。ボックス・オフィス・モジョによる と、シリーズ最初の3作品で興行収入が世界全体で18億ドルに達して いる。

ブレイキング・ドーン Part1は、ヒロインのベラが吸血鬼エドワ ードと結婚。妊娠を経験し、オオカミ一族に狙われる。オオカミ族の ジェイコブによるベラへの一方的な愛が、自分の一族への献身によっ て試されるというストーリー。

ハリウッド・ドット・コムによると、上位12作品の興行収入は前 年同期比16.4%増の計2億1690万ドル。年初来の米国内の興行収入 は3.52%減の90億8000万ドル。観客動員数は4.37%減っている。同 社がまとめた興行収入の上位作品は以下の通り。興行収入は18、19 両日の実績と、20日の推計値の合計。

作品名     興行収入  劇場数  劇場平均 変化率 収入合計  週
       (百万ドル)       収入(ドル)(%)(百万ドル)
==============================================================
==
1 BREAKING DAWN PT. 1 $139.5   4,061  $34,351   --   $139.5   1
2 HAPPY FEET TWO        22.0   3,606    6,108   --     22.0   1
3 IMMORTALS            12.3   3,120    3,927   -62    52.9   2
4 JACK AND JILL         12.0   3,438    3,490   -52    41.0   2
5 PUSS IN BOOTS         10.7   3,415    3,141   -57   122.3   4
6 TOWER HEIST            6.9   2,942    2,365   -46    53.4   3
7 J. EDGAR               5.9   1,947    3,030   -47    20.7   2
8 VERY HAROLD & KUMAR    2.9   1,808    1,604   -51    28.3   3
9 IN TIME                1.7   1,367    1,225   -59    33.4   4
10 DESCENDANTS          1.2      29   42,150   --      1.3   1
11 PARANORMAL ACTIVITY 3 1.0   1,402      713   -72   102.6   5
12 FOOTLOOSE             0.835 1,218      686   -69    50.1   6
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE