米成長見通し上方修正、景気後退入りの公算小さい-NABE調査

エコノミストは企業の設備投資 や商業施設建設の伸びを理由に米国の2012年末までの経済成長率 見通しを引き上げたほか、再びリセッション(景気後退)入りする 可能性は極めて低いとみている。全米企業エコノミスト協会(NA BE)の調査で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。