ドコモCFO:増益基調を堅持へ-3.9世代増強も全投資額は横ばいに

国内携帯電話最大手NTTドコモは 2015年度まで年間の設備投資を現状とほぼ横ばいの7000億円水準に抑制 し、営業利益の増益基調を保つ方針だ。スマートフォン(多機能携帯電 話)戦略強化で高速の3.9世代携帯の通信網整備に向けた投資は増やす が、既存の技術との互換性などを生かす。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。