豪中銀総裁補佐:カバード債が銀行の調達コスト減につながる公算小

オーストラリア準備銀行(中央 銀行)のデベル総裁補佐は21日、同国の銀行が先週初めて発行した カバード債について、豪州の銀行の資金調達コストを押し下げるこ とはないだろうとの見解を明らかにした。

同総裁補佐はシドニーでの講演で、「カバード債の役割は主に潜 在的な投資家の基盤を広げることであって、銀行の全般的な資金調 達コストを減らすことではない」と指摘した。

豪議会は先月、国内の銀行に対し、資産の最大8%に相当する 規模のカバード債発行を容認する法案を可決。オーストラリア・ニ ュージーランド銀行(ANZ)は今月15日、ニューヨークで12億 5000万ドル(約960億円)規模の米ドル建て5年物カバード債を発 行した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE