東京製鉄:12月鋼材契約、全品種5000円引き下げ-海外市況低迷

電炉最大手の東京製鉄は21日、鋼 材の12月契約で、全品種の価格を5000円引き下げると発表した。中国 など新興国での景気減速懸念を背景に海外市況が低迷しているためと いう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。