シンガポール:12年の成長率1~3%に鈍化か-11年は5%の予想

シンガポール通産省は21日、 2012年の国内総生産(GDP)伸び率が1-3%に鈍化するとの予 想を明らかにした。11年は5%を見込んでいる。既にシンガポール 通貨庁(MAS、中央銀行に相当)に金融緩和を促している景気減 速がさらに続く見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。