米ヘッジファンドの商品買い越し、7週間で最大の減少-需要減を懸念

ヘッジファンドによる商品相場上 昇を見込む買い越しが、過去7週間で最大の減少となった。欧州の債 務危機が世界の経済成長と原材料需要を抑制するとの見方が強まった ことが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。