債券下落、米債安や20年入札に向けた売り-先物は取引時間拡大

債券相場は下落。前週末の米国債 相場が反落した流れを引き継いだことに加えて、あす実施の20年債入 札に向けた売りなどが相場の重しとなった。一方、東京証券取引所が この日から国債先物の取引時間を拡大したことに伴う混乱は起きなか ったものの、新規取引には慎重姿勢が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。