香港株(終了):5日続落-米財政問題や中国の不動産市場を懸念

香港株式相場は5営業日続落。中 国の不動産市場や欧州債務問題をめぐる懸念に加え、米議会の超党派 委員会が財政赤字削減で合意できないとの見通しが売り材料となった。

小売企業に衣料品や玩具を納入する香港のリー・アンド・フォン (利豊、494 HK)は5.3%安。同社は売上高の65%を米国で稼ぐ。欧 州を最大の市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス(330 HK)は4.8%値下がりした。欧州債務危機で域内の経済成長が損なわ れるとの見方が強まった。米ナイキの靴を受託生産する裕元工業(集 団)(551 HK)も安い。

香港に上場する中国本土の不動産開発会社で最大手の中国海外発 展(688 HK)は3.2%下落。国営新華社通信は、中国当局が不動産抑 制策を来年7-9月(第3四半期)まで継続する可能性があると報じ た。中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)も売られた。

HSBCプライベートバンクのアジア投資戦略責任者、アルジュ ナ・マヘンドラン氏(シンガポール在勤)はブルームバーグテレビジ ョンで、「今週は米国の財政赤字削減をめぐる問題が市場のトーンを決 めるだろうが、いくらかネガティブだろう」と語った。

ハンセン指数は前週末比265.38ポイント(1.4%)安の18225.85 と、先月21日以来の安値で終了。騰落銘柄比率は上昇1に対し下落が 5。ハンセン中国企業株(H株)指数は前週末比2.3%安の9725.82 で引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE