香港株(終了):5日続落-米財政問題や中国の不動産市場を懸念

香港株式相場は5営業日続落。中 国の不動産市場や欧州債務問題をめぐる懸念に加え、米議会の超党派 委員会が財政赤字削減で合意できないとの見通しが売り材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。