ドイツ銀CEO:欧州には危機波及阻止で「ファイアウオール」必要

ドイツ銀行のヨゼフ・アッカー マン最高経営責任者(CEO)は、欧州には債務危機の波及を防止す る「ファイアウオール(防火壁)」が必要であり、救済基金の規模を 拡大すべきだとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。