米アラジン、三菱商事出資の新会社にファンドの一部売却へ

【記者:Shannon D. Harrington 、 Kristen Haunss】

11月18日(ブルームバーグ):米投資会社アラジン・キャピタル・ ホールディングスは、アセットマネジメント事業の一部を三菱商事が 出資する新会社に売却する。

アラジンは2009年に立ち上げたブローカレッジ事業を約4カ月 前に閉鎖した。同社は07年に220億ドル(現在のレートで約1兆6900 億円)の運用資産を有していたが、現在は約半分に縮小している。

アラジンはコーポレート・クレジット・ヘッジファンドなどをM Cアセット・マネジメント・ホールディングスに売却する計画。MC アセットは三菱商事が80%、アラジン創業者のアミンカン・アラジン 氏が20%をそれぞれ出資する予定。

三菱商事は08年にアラジンの株式19.5%を4000万ドルで取得し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE