米ダラス連銀総裁:インフレを懸念せず、2%に近づく傾向にある

米ダラス連銀のフィッシャー 総裁は米国のインフレ率が米連邦公開市場委員会(FOMC)が非公 式な目標とする約2%に戻る傾向にあると述べ、政策当局者にとって は現在、懸念材料ではないとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。