米国債(18日):5日ぶり反落-ECB国債購入で欧州懸念後退

米国債相場は5日ぶりに反落。 欧州各国が債務危機への対応を進める中、欧州中央銀行(ECB)が イタリアとスペインの国債を買い入れたとの見方から両国債相場が上 げたことが手掛かり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。