NY金(18日):3日ぶりに上昇、欧州債務懸念で-1725.10ドル

ニューヨーク金先物相場は3 日ぶりに上昇。欧州の債務危機を背景に価値保存手段としての金の需 要が拡大した。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はECBの責務は物価安定 にあるとの認識を示し、域内財政危機の封じ込めで一段の行動を求め る政治家や投資家の声を退けた。

MKSファイナンスの通貨・金属担当取引責任者(ジュネーブ在 勤)、バーナード・シン氏は電話インタビューで、「欧州は危険領域 を脱していない」と指摘。「現物需要は後退したが、金は依然として 安全逃避先だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比0.3%高の1オンス=1725.10ドルで終了した。 週間では3.5%下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE