トヨタ:プリウスの米販売は増加へ、在庫回復や原油高で-レンツ氏

トヨタ自動車はハイブリッ ド車「プリウス」の米国販売が在庫増加や原油価格上昇を背景に回復 するとの見通しを示した。プリウスは1997年以降、同社の主力製 品となっている。

今年1-10月のプリウスの販売は前年同期比で9.4%減少した。 競合他社の販売も不振だった。米自動車業界分析会社オートデータに よれば、ホンダのハイブリッド車「インサイト」は同期間に21%落 ち込んだほか、米フォード・モーターの「フュージョンハイブリッド」 は48%減少した。

米国トヨタ自動車販売のジム・レンツ社長はインタビューで、 「トヨタは市場シェアが70%あるにもかかわらず、プリウスの生 産をほぼ90日間停止しなくてはならなかったが、これは大きな衝撃 とはならないだろう。今年は全体的にハイブリッド車の販売台数が減 少している」と指摘。「需要不足が原因ではなかった。供給不足が要 因だった」と述べた。

レンツ社長は「来年の第1四半期(1-3月)は原油価格が再び 上昇、場合によっては著しい上昇になると私は考えている」とし、 派生車を含む「プリウスファミリーは適時適所にいることになるだろ う」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE