欧州債(18日):スペインとフランス債上昇、ECBが購入との観測

18日の欧州債市場でスペイ ンとイタリアの国債が上昇。欧州中央銀行(ECB)が5日連続で国 債を購入し、この日は両国債を買い入れたとの見方が手掛かりとなっ た。週間ベースでは下げて終えた。

スペイン2年債が8営業日ぶりに反発。フランス国債のドイツ国 債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は3日連続で縮小した。欧 州の当局者らは欧州中央銀行(ECB)が国際通貨基金(IMF)に、 ユーロ圏諸国救済のための資金を貸し付ける仕組みについてIMFと 協議を開始する可能性があると、ダウ・ジョーンズ(DJ)通信が報 じた。

ドイツ国債は週間ベースでマイナスとなった。日本の投資家がド イツ債やフランス債の残高を減らしたとの統計が売り材料。

バイエルン州立銀行のシニア債券ストラテジスト、マリウス・ダ ハイム氏(ミュンヘン在勤)は「周辺国債券にせよ、ドイツ国債にせ よ」ECB国債購入の「観測に基づいて取引されている」と述べ、 「ECBが市場に踏み込んでしまえば、ドイツ債には売り材料となる」 と続けた。

ロンドン時間午後4時32分現在、イタリア10年債利回りは前 日比21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の6.63%。 前週末比では18bp上げた。同国債(表面利率4.75%、2021年9 月償還)価格はこの日、1.335上げ87.335。

2021年9月償還のスペイン国債利回りは前日比11bp低下

6.38%。2年債利回りは6bp下げて5.43%。

取引について知る関係者5人によると、ECBはこの日、イタリ ア国債を購入した。関係者3人は、スペイン国債も買い入れたと述べ た。ECB報道官は電話での問い合わせに対してコメントを控えた。

一方、独10年債利回りは7bp上昇し1.96%。フランス10 年債との利回り格差(スプレッド)は25bp縮小し150bpとなっ た。オーストリア10年債に対しては25bp縮まり144bp。

ECBの政策委員らが同中銀の国債購入の上限を週当たり200 億ユーロとすることで合意したとのドイツ紙フランクフルター・アル ゲマイネ(FAZ)の報道で、ドイツ国債は上昇する場面もあった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE