メルケル独首相:欧州救済基金の充実化に向け「一日一日が重要」

ドイツのメルケル首相は、ユ ーロ圏の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の 効果を高める上で、「一日一日が重要になる」と述べた。また債務危 機の克服に向け、欧州は既存の手段を用いて取り組む必要があるとの 考えを示唆した。

メルケル首相は18日、キャメロン英首相と会談後ベルリンで記 者団に対し、4400億ユーロ(約45兆7000億円)のEFSFの効 果を高めるには、解決すべき「多くの技術的な点」が残っていると説 明した。

メルケル首相は「ユーロ圏が信頼を失ってしまっているのであ れば、一歩ずつその信頼を取り戻す必要がある。決定した事項を実行 に移さなければならない」と続けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE