下河辺氏:東電の合理化など「取り組みはテークオフした」

原子力損害賠償支援機構の下河辺和 彦運営委員長は18日、東京電力の勝俣恒久会長や西沢俊夫社長と会談 し、その後記者団に対し同社が行っている損害賠償支払いや合理化につ いて、「取り組みはテークオフした。パワフルに進めていってほしい」 と述べた。その上で進ちょく状況については「順調と表現するにはまだ 早い」と指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。