ドラギ総裁:ECBの責務は物価安定-債務危機に対し政府の行動迫る

欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁は18日、ECBの軸足は常に物価安定という責務の遂行に 置かれるべきだとし、各国政府にソブリン債危機を終わらせるため約 束した行動を急ぐよう呼び掛けた。ECBには大量の国債購入などに よって高債務国を救済する考えがないことを示唆した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。