大手損保3社:4-9月期7割減益の530億円-運用悪化と自然災害で

東京海上ホールディングスなど大手 損保3社の4-9月期連結純利益は、合計530億円と前年同期を約67% 下回った。欧州債務問題を背景にした株安の影響で有価証券評価損を計 上したほか、国内の台風や米国のハリケーンなど大規模自然災害による 保険金支払いが予想を上回った。各社が18日東証などで開示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。