中国株(終了):上海総合指数、下落-週間では1カ月ぶり大幅安

中国株式相場は下落。上海総合指 数は週間ベースで1カ月ぶり大幅安となった。中国の一部都市で10 月の不動産価格が下落したことに加え、同国の不良債権増加リスクの 高まりや欧州債務危機の深刻化を背景に売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。