アジア株:4日続落-中国の不良債権と欧州危機めぐる懸念で

18日のアジア株式相場は4 営業日続落。このままいけばMSCIアジア太平洋指数の終値は5 週間ぶり安値となりそうだ。中国の不動産セクターの不良債権をめ ぐる懸念が広がったほか、欧州債務危機が域内の主要国に波及しつ つあることを示す新たな証拠を手掛かりに売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。