SEAJ :10月の日本製半導体装置受注、前年同月比32.6%減

日本半導体製造装置協会 (SEAJ)は18日、10月の日本製装置受注額(3カ月移動平均、速報 値)が前年同月比32.6%減の811億9000万円だったと発表した。前月比 では2.2%の増加。BBレシオは0.83と、9月確報値から0.08ポイント 上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。