豪ドル、NZドル:対米ドルで3週続落-欧州危機懸念で需要後退

18日の外国為替市場では、オー ストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルが米ドルに対し、 週間ベースで3週続落。欧州首脳が域内債務危機の解決方法をめぐ り対立していることで、高利回り資産の需要が後退した。

ドイツのメルケル首相は、ユーロ圏のソブリン債危機を解決す るため欧州中央銀行(ECB)の最後の貸し手としての活用を求め るフランスの提案を拒否。これを受けて豪ドルは一時、対米ドルで 等価を割り込んだ。豪ドルとNZドルはその後、中国が世界各国の 指導者と共に欧州支援に取り組むとの観測を背景に反発している。

豪ドルはシドニー時間午後2時42分(日本時間同0時42分) 現在、前日比0.3%高の1豪ドル=1.0026米ドル。一時0.9973米ド ルと、10月12日以来の安値を付けた。前週末比では2.4%安。対円 では、前日比0.1%高の1豪ドル=77円8銭。前日は0.9%安で引 けた。

NZドルは前日比0.5%高の1NZドル=0.7620米ドル。週間 ベースでは3%安となる。対円では、前日比0.3%高の1NZドル =58円59銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE