トヨタ社長:今の円高が続けば崩壊も、米国へシフトも考えられる

トヨタ自動車の豊田章男社長は米 ミシシッピ州工場のラインオフ式典に出席し、円高に見舞われた日本 の製造業について「いまのレベルの円高があまりにも続けば崩壊が始 まってしまうだろうと思っている」と述べ、トヨタの国内生産に関し て「相当、米国へのシフトも考えられるだろうと思う」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。