全日空:沖縄-成田間の貨物便を倍増へ-沖縄ハブ戦略強化で

全日本空輸は18日、貨物事業の収 益増加を目指して12月から、成田-沖縄便を倍増させると発表した。 これまでの1日1往復を2往復にする。首都圏の航空貨物需要を取り 込み、同社が展開している那覇空港を拠点とする沖縄ハブ事業の強化 を狙う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。