人民銀の李委員:中国は欧州支援でIMFや他国との協調が必要

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の李稲葵委員は、中国は欧州支援に当たって国際通貨基金 (IMF)や他の諸国と協調すべきだとの見解を示した。李氏は、欧州 は国際的支援の前提として「実現可能」な計画が必要だと述べた。北京 のフォーラムで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。