オリンパス株5日ぶり急反落-当局が犯罪組織との関連捜査の報道

オリンパス株価が大商いの中を5 営業日ぶりに反落。一時は前日比18%安まで売られた。上場維持観測 を背景に過去4日間で株価が2倍近い水準となっただけに、日本の捜査 当局が同社の損失隠しと犯罪組織との関連を捜査していると米紙ニュー ヨーク・タイムズが報じたことなどが弱材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。