欧州委がベルギーに警告-財政赤字削減の勧告に従わなければ制裁も

【記者:Andrew Clapham】

11月17日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)の行政執行機関、 欧州委員会は、ベルギーが財政赤字削減で「有効な対策」を怠ってい るとして、同国に対する制裁措置の手続きを進める計画だ。ベルギー の財政赤字の対国民総生産(GDP)比率は来年4.6%に上昇すると 予想されている。

レーン欧州委員(経済・通貨担当)のアルタファイ報道官は17 日、ブリュッセルで記者団に対し、「われわれはベルギーに対する過剰 財政赤字是正手続き(EDP)を実際に進めるつもりだ」と語った。 レーン委員は先週、ベルギーを含むEU加盟5カ国に対し、財政赤字 削減の取り組みを急ぐよう求め、従わない場合は制裁の可能性がある と警告していた。

政治空白が続くベルギーでは、1年5カ月にわたる連立協議でも 税収配分など制度面で合意できただけで、2012年予算はまだ成立して いない。ワロン系社会党(PS)のディルポ党首が主導する協議に参 加している6党は、経済成長鈍化の中で12年の財政赤字をGDP比

2.8%に押し下げる予算の取りまとめを続けている。欧州委は10日、 同国の来年の財政赤字がGDP比4.6%に拡大するとの見通しを示し た。今年は同3.6%と見込まれている。

アルタファイ報道官はこの日、「ベルギーの課題は厳密に言えば予 算の問題だけでなく、構造的な問題でもある」と指摘した。

欧州委は今年、ベルギーに対し赤字縮小の迅速化や政府支出削減 の措置などを求める勧告を行っている。

17日付のベルギー紙タイトは、同国にはGDPの0.2%に相当す る約7億ユーロ(約730億円)の制裁金が科される可能性があり、欧 州委の勧告に従わない場合はその額は最大9億2000万ユーロに膨ら み得ると報じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE