米議会超党派委が赤字削減で協議継続-一部に悲観的見方も(1)

米議会の超党派委員会は17日夜、 難航している財政赤字削減で妥協点を見つけるため、2時間以上にわ たって協議したが、一部の議員から合意の見通しについて悲観的な見 方が出ている。

ケリー上院議員(民主)は「私は土壇場まで話し合って、取り組 みたい」と述べながらも、「幾つかの重大なハードルがある」と指摘し た。

同委で民主党の共同委員長を務めるパティ・マリー上院議員はこ の日、何らかの形で同日中に合意することの重要性を強調していた。

同委のマックス・ボーカス上院議員(民主、モンタナ州)は「わ れわれは最善を尽くしている」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 東京  麗英二 Eiji Toshi +81-3-3201-2421 etoshi@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Heidi Przybyla in Washington at +1-202-624-1955 or hprzybyla@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Robin Meszoly at +1-202-624-1824 or rmeszoly@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE