ユーロが5週間ぶり安値圏で底堅い-債務懸念も欧州の資金回帰意識

東京外国為替市場では、ユーロが 対ドル、対円で約5週間ぶり安値圏で底堅く推移した。欧州債務危機 悪化への懸念は根強いものの、週末を前に新たにユーロを売り込む材 料に乏しく、欧州投資家のレパトリエーション(自国への資金回帰) も意識される中、欧州市場に向けてはやや値を切り上げる展開となっ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。