ギリシャ新民主主義党:緊縮策実行の誓約書に署名しない-エピケラ

ギリシャの新政権に参加してい る元最大野党・新民主主義党(ND)のサマラス党首は、欧州連合 (EU)が求めている新たな財政緊縮策の実行を約束する書簡への署 名に応じない意向を示した。ギリシャ誌エピケラ(オンライン版)が インタビューを基に報じた。

同誌によると、サマラス党首は、「われわれは国の浪費の制限や 財政赤字の削減、債務縮小、構造改革に同意する」とした上で、「し かし、景気回復を妨げ、既に試練を受けている国民に希望を捨てさせ るような政策には同意しない」と述べた。

サマラス党首はまた、現在の政府は暫定的なものであり、総選挙 は予定通り2月19日に実施しなければならないと言明。「われわれ は必要な変革を行うが、そのためには強い国民からの委任が必要だ」 と語ったという。新民主主義党は世論調査で支持率1位となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE