NY原油(17日):急反落、100ドル割れ-欧州の債務懸念や米株安で

ニューヨーク原油先物相場は 急反落し、バレル当たり100ドルを割り込んだ。スペインやフラン スの国債利回りが上昇したことで、欧州の債務危機が広がっていると の懸念が強まった。米国株の下落も原油の売りにつながった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。