イタリア上院:モンティ内閣を信任-財政再建の方針表明後

イタリア上院は17日、モンテ ィ内閣を信任した。モンティ首相はこれに先立つ所信表明で、ユー ロ圏で2位の高水準にある債務負担を軽減し、同3位の同国経済の 成長を支援するプログラムを明らかにした。

上院(定数321)は281対25でモンティ内閣を信任した。18 日には下院で信任投票が行われる。

新首相は所信表明で、国内成長を押し上げることによってのみ、 イタリアは1兆9000億ユーロ(約197兆円)の債務を削減する取り 組みを持続できると内外に示すことができると指摘した。現在、同 国債務の対国内総生産(GDP)比率は20年前と同水準の120%。

新首相は、新政権はまず、ベルルスコーニ前政権が議会通過さ せた財政措置を実施することに重点を置くと述べた。2013年の財政 収支均衡を目指すこの措置を実行した後、新政権は一部固定資産税 の再導入や抜本的税制改革、年金規則の変更、大きな政府からの転 換、労働法の改正などの課題に取り組むとした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE