NY銅:2.9%安の3.401ドルで終了-欧州債務危機の拡大への懸念で

17日のニューヨーク銅先物相場は約 2週間ぶりの大幅下落。欧州債務危機の影響が拡大する恐れがあり、世 界の景気が鈍化し、金属需要が減少するとの懸念から売られた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。