11月17日の欧州マーケットサマリー:株下落、スペイン入札不調で

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3454 1.3463 ドル/円 76.99 77.06 ユーロ/円 103.59 103.75

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 233.97 -3.07 -1.3% 英FT100 5,423.14 -85.88 -1.6% 独DAX 5,850.17 -63.19 -1.1% 仏CAC40 3,010.29 -54.61 -1.8%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .45% +.05 独国債10年物 1.89% +.08 英国債10年物 2.23% +.07

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,742.50 -13.50 -.77% 原油 北海ブレント 108.16 -3.72 -3.32%

◎欧州株式市場

17日の欧州株式相場は下落。スペイン国債入札の不調で借り入 れコストがユーロ導入後の最高に達したことから、域内のソブリン債 危機が悪化しているとの懸念が強まった。

銀行株が売られ、中でもフランスのBNPパリバやソシエテ・ジ ェネラルの下げがきつかった。欧州の銀行がドル資金を調達するコス トは3年ぶり高水準に達した。金属の値下がりに伴い、鉱業株も安い。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%下落の233.97で終了。 債務危機はユーロ圏の中核国にまで影響を及ぼしており、同指数は2 月17日に付けた年初来高値を20%下回る水準となった。

ソシエテ・ジェネラルの調査責任者パトリック・レグラン氏はブ ルームバーグテレビジョンで、「利回りには多大な上昇圧力がかかっ ている上に構造問題や流動性の問題があり、市場は不安に包まれてい る。非常に悪い状態だ」と指摘。「欧州中央銀行(ECB)が何らか の方法で介入する必要に迫られる状況はそう遠くはないだろう」と付 け加えた。

スペインは10年債、35億6000万ユーロ相当を発行。平均落 札利回りは6.975%と、前回10月の入札時の5.433%を上回り、 少なくとも2004年9月以来の高水準となった。入札後に流通市場で は、同国の10年債利回りが一時6.78%を付けた。

フランスも同日に証券や国債の入札を実施。仏10年債のドイツ 債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)はユーロ導入以後初めて 200ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)に達した。

この日の西欧市場では、1カ国を除く17カ国で主要株価指数が 下落。銀行株指数は2.2%下げ、BNPパリバは4.6%安の28.49 ユーロで終了。ソシエテ・ジェネラルは3.9%安の16.95ユーロ。 ドイツ銀行は3.7%値下がりの27.29ユーロだった。鉱業株は銅生 産会社アントファガスタを中心に下げ、同銘柄は6.1%安の1103ペ ンス。

◎欧州債券市場

17日の欧州債市場でイタリア国債が上昇。欧州中央銀行(EC B)が同国債を購入したとの見方に加え、ドイツのメルケル首相が債 務危機対策で政治的行動を呼び掛けたことが背景にある。

イタリア10年債利回りは2日連続で低下。モンティ新首相は 同国債務の圧縮に緊急に取り組むことを公約した。フランス国債も 上昇。この日の入札で、目標上限に近い額を発行したことが買い材 料。

一方、スペイン国債は下落し、10年債利回りは1999年のユー ロ導入前の高水準に達した。同日の国債入札で借り入れコストが少 なくとも7年ぶりの高水準となったことが嫌気された。

BNPパリバ(パリ)のシニア債券ストラテジスト、パトリッ ク・ジャック氏は「フランスの国債入札をきっかけに状況は若干改 善した」ほか、メルケル首相発言が「良い兆候と受け止められた」 と述べた上で、「この日の動向は前向きだったが、数秒でこうした 流れが逆転する可能性もある」と続けた。

ロンドン時間午後4時55分現在、イタリア10年債利回りは前 日比17ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の

6.84%。同国債(表面利率4.75%、2021年9月償還)価格は

1.03上げ86.0となった。

イタリア5年債も上昇。利回りは23bp下げ6.70%。取引に ついて知る関係者4人によると、ECBはイタリア国債を購入した。 ECBの報道官は電話での問い合わせにコメントを控えた。

仏10年債の独10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド) は16bp縮小し174bp。一時は204bpまで拡大していた。独 10年債利回りは前日比8bp上昇し1.89%。

フランス政府はこの日、満期2013年と2016年の証券を計69 億8000万ユーロ入札。目標は70億ユーロだった。

スペイン10年債利回りは7bp上げ6.48%。一時は6.78% まで上昇した。同国政府が実施した国債入札の落札利回りは

6.975%と、10月20日に行った前回入札の5.433%を上回り、 2004年9月以来の高水準に達した。応札倍率は1.54倍(前回入札 は1.76倍)に低下。

◎英国債市場

17日の英国債相場は下落。この日発表された10月の小売売上 高が予想に反して増加したことが手掛かりとなった。

英政府統計局(ONS)が発表した10月の小売売上高指数(燃 料含む)は前月比0.6%上昇し、6月以降で最大の伸び率となった。 ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査では、中央値で前月比

0.2%低下と見込まれていた。

10年債利回りは前日比8ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇し2.23%となった。一時は2.111%まで下げ、過去 最低まで0.5bp未満に迫った。2年債利回りはほぼ変わらずの

0.50%。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率) はプラス15%。これに対しドイツ国債はプラス8.9%となっている。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE