住宅差し押さえ:7-9月期は1年ぶり増加-未処理物件の手続き加速

米国の銀行が7-9月(第3 四半期)に差し押さえた住宅は1年ぶりに前期比で増加した。手続 きの不備で未処理だった物件の差し押さえが開始したのが背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。