米ゼネラル・マリタイム:破産法適用を申請-負債額14.1億ドル

石油タンカー運営で米2位の ゼネラル・マリタイムは、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続 きの適用を申請した。石油需要低迷に伴う船舶だぶつきで2年連続の 赤字となっていた。

ニューヨーク市マンハッタンの連邦破産裁判所への届け出によ ると、同社の資産は17億1000万ドル(約1320億円)、負債は 14億1000万ドル。ゼネラル・マリタイムは、債権者のオークツリ ー・キャピタル・マネジメントが1億7500万ドル相当の資本注入で 合意したほか、ノルデア・バンク・フィンランド率いる企業連合は最 大1億ドルのつなぎ融資を提供すると説明した。

同社は「支障なく業務を継続する」と発表。会社更生により「固 定負債を大幅に圧縮し、流動性資産を強化する」との見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE