レッグメイソンのミラー氏:主力ファンドを降板へ-運用成績不振で

米資産運用会社レッグメイソ ンのファンドマネジャー、ビル・ミラー氏が、主力ファンドの運用か ら退くことが分かった。同氏は2005年まで15年間、S&P500種 株価指数を上回る運用成績を達成したことで知られるが、過去5年間 では同指数に後れを取ることが4年あった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。