スターフライヤー:東証2部に上場、12月21日-スカイマーク以来

新規航空会社スターフライヤー(本 社:福岡県北九州市)は、東京証券取引所第2部に12月21日に上場 する。同社が17日、上場申請し、東証が同日承認したと発表した。上 場は、国内航空会社としては2000年5月のスカイマーク以来となる。

新規発行株式数は14万株。募集金額は、1株当たりの想定発行価 格が3180円の場合、4億4520万円が見込まれる。1単元の株式数は 100株。主幹事は大和証券キャピタルマーケッツが務める。さらに、投 資家の需要次第で実施する追加売り出し(オーバーアロットメント) も計画している。

スターフライヤーは02年12月に設立された。北九州空港を拠点 に06年に定期便の北九州空港-羽田線に就航し、その後続いて関西- 羽田線、福岡-羽田線も就航して現在3路線。海外は過去に香港や韓 国への臨時便を飛ばした経験もある。同社は、一部路線で全日本空輸 と共同運航を実施している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE