T&D:4-9月期の純利益29%増の287億円-利配収入が増加

T&Dホールディングスの4-9月 期(第2四半期)の連結純利益は、前年同期比29%増の287億円となっ た。東日本大震災による支払い見積もり額が減少したほか、利息・配当 金収入が増加したことが寄与した。通期予想は前期比51%増の360億円 を据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。