米感謝祭の旅行者数:前年比4%増の見通し、節約の反動で-AAA

米国では今年、感謝祭の休暇期 間の旅行者数が前年比で4%増加する見込みだ。全米自動車協会(AA A)が17日に公表したリポートで明らかにしたもので、米国民が景気 鈍化の影響で延期していた旅行に出かけるためだと説明している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。