米ブルームバーグ消費者信頼感指数、11月は4カ月ぶり高水準に改善

米国の消費者の景気に対する 見通しは11月に改善した。米国が再びリセッション(景気後退)に 陥るとの懸念が後退しつつあることが示唆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。